体験談・コラム

性病体験談6 咽頭クラミジア感染に気付かなかった2年間 30代元風俗嬢

投稿日:

file000112660656

情報提供者
元風俗嬢 26歳女性

 

2年間、デリバリーヘルスで働く

23歳から24歳の間の2年間、私は風俗店で働いていました。デリヘルで、平日の夜に週2回程。

大学を22歳で卒業した後、普通の会社に就職して事務職で働いていましたが、自分で自由にお金が使える環境になった途端散財しすぎて気付けばカードのリボ払い地獄に陥ってしまい、当初はリボの分だけかせいだら辞めようと思ってデリバリーヘルスを始めましたが、気付けば2年間ガッツリ働いてしまいました。

風俗で働いている2年間、私は性病、特にHIVに感染するのだけは絶対嫌だったのでどんなにお客さんにお願いされても本番は断りました。

それでも、2年間で4回ほど、クラミジアや淋菌には感染してしまいました。多分、生でスマタをした時にうつされたのだと思います。

 

性病検査は月1回

 

私が働いていたデリヘルは、毎月1回性病検査の実施を徹底している比較的まともなお店で、毎月性病検査キットを月末に配られて検査。もし性病が発覚したら完治するまで出勤できないシステムでした。

当時お店にはだいたい30人くらいが在籍していましたが、毎月2人くらいはクラミジアや淋菌が発覚してお休みしている人がいたような状況です。

店長に聞いたら、実際ちゃんと性病検査を強制で毎月実施しているお店は意外と少ないようです。お客さんからしたらどの店がちゃんと性病検査しているかなんてわからないから怖いですよね。

とはいえ、正直風俗店の性病検査は働く女性の為であってお客さんの為ではないと思います。毎月検査しても、その間にうつされていたら他のお客さんに感染させてしまう可能性、高いですからね。

ちなみに、うちのお店で検査していたのは
HIV、梅毒、クラミジア、淋菌、トリコモナス、カンジダの6種類でした。

 

風俗店を辞めた後

24歳の終わりに、風俗店を辞めました。貯金も結構できたし、そろそろ結婚相手も探さないと・・・と思い真面目に仕事をして夜は合コンに行ったり婚活してました。

そして、26歳になってやっと彼氏ができました。32歳のちゃんとした真面目な男性だったのでこれでやっと結婚できるなとほっとしました。

 

過去の後ろめたさから一応検査

彼氏にはもちろん過去に風俗をやっていたなんて言えません。今思うと、風俗をやっていた事を黙っていた後ろめたさと、バレたらどうしようという不安がたくさんあり、改めて一度性病検査を全て受けておこう。と決心しました。付き合って1週間後位で、まだ彼氏とはセックスをしていない時です。

風俗時代に使った郵送で出来る検査キットで全ての性病を調べられる検査キットを買って(高かったけど)チェックしました。

検査したのはHIV、梅毒、クラミジア、淋菌、B型肝炎、C型肝炎、トリコモナス、カンジダ、ヒトパピローマ(HPV)、そして咽頭クラミジアと咽頭淋菌

 

全部の性病検査をした結果

結果、性器の性病や血液感染の性病は全て陰性でしたが【咽頭クラミジア】に感染していました。喉に感染するクラミジアです。

結果を見て、物すごくショックを受けました。だって風俗を辞めてから2年、誰ともセックスもしていないし、自覚症状なんて全くありませんでした。完全な無症状です。(普通に風邪ひいたりはあったけど)

何よりも、性病に感染したまま気付かずに2年間も普通に暮らしていた自分にショックでした・・・・

結果を見て即性病治療してくれる耳鼻科を探して行き、2週間後には無事完治しました。

 

最後に

今回、私が思ったのは

【咽頭クラミジアは無症状だったら絶対気付かない】
【付き合い初めに性病検査しておいて本当に良かった】

と言う事です。風俗をやっていて、性病に敏感だったのにまさか気付かないなんて・・・
もし、感染に気付かず彼氏とセックスしたら絶対フェラはします。それで彼氏にクラミジアをうつしてしまっていたら・・・
夜遊びなんてしないような真面目な人なので確実に私がうつした事がばれてしまうところでした。

風俗で働いていない人も、過去に彼氏じゃない人とセックスした事あるような人はどこかのタイミングで絶対性病検査を受けた方がいいですよ。

そして女性は絶対、【喉のクラミジアと喉の淋菌】の検査も一緒に受けたほうがいいです。

 

 

関連記事)咽頭クラミジア、咽頭淋菌の検査方法と料金の比較

-体験談・コラム

Copyright© 性病検査NAVI , 2017 AllRights Reserved.