【保存版】喉の性病(咽頭クラミジア・淋菌)の検査方法と症状の全て

喉に感染する性病は主にクラミジアと淋病の2種類です。『喉に性病!?』と思われるかもしれませんが、実は無自覚のうちにかなりの人が感染しています。

今回は、咽頭クラミジア・咽頭淋菌の【症状】【潜伏期間】【感染経路】【検査方法】【検査費用】について、徹底的にまとめました。

喉の調子がいつもとおかしい・風邪かと思ったけどなかなか治らない・風俗で遊んだ後に不安になっている方は、是非参考にしてください。

 

下記リンクから見たいところへ直接飛べます。

コンテンツ一覧
>>喉の性病の症状
>>喉の性病の検査方法について
>>喉の性病の感染経路
>>喉の性病の潜伏期間
>>こんな人はすぐに検査を受けよう!
>>喉の性病はどこで検査を受ければ良い?
>>喉の性病検査は健康保険が効く?
>>喉の性病検査費用の比較表
>>一番おすすめの性病検査方法
>>まとめ

 

咽頭クラミジア・淋菌の症状

ほとんどの場合、無症状

咽頭クラミジアや咽頭淋菌の恐ろしい所は、【無症状や軽い症状が多く、自覚出来ない】という事です。

相手も、喉に性病に感染しているなんて気付かないままあなたにうつしているリスクがあるのです。そして、あなたもいつの間にか感染したままずっと放置している恐れも十分にあります。

自覚症状がある場合は、主に下記のような症状が出ます。

  • 喉の痛み
  • 扁桃腺の腫れ
  • 咳が出やすい(いがらっぽい)
  • 痰が絡みやすくなる
  • 発熱

風邪と見分けがつかない

上記の症状を見て頂ければ分かるように、自覚症状があっても風邪なのか性病なのか全く判断がつきません。また、発熱もほぼ起きないケースが多いです。

風邪だと思って市販の風邪薬を飲んでも治りません。また、病院や耳鼻咽喉科に行っても、『喉の性病を検査して下さい!』とちゃんと言わないと、お医者さまも性病検査はしてくれないケースが多いです。

その為、普通に耳鼻科で診察をうけると、風邪と扱われて普通の風邪薬を処方されるケースが非常に多いです。

 

喉の性病と扁桃腺炎、咽頭炎との違い

のどの痛みや炎症を伴う病気は、咽頭クラミジア以外に扁桃腺炎や咽頭炎などが挙げられます。

扁桃腺炎と咽頭クラミジア感染を見分ける方法はあるのでしょうか?喉の性病と、扁桃腺炎等他の喉の病気の症状を比較してみました。

咽頭特殊感染(クラミジア・淋菌・梅毒)の症状
扁桃腺炎の症状
急性扁桃腺炎の症状
咽頭炎の症状

 

検査をしないと、性病か分からない

上記の咽頭炎や扁桃腺炎の症状を見たら分かるように、普通の風邪か?咽頭クラミジアや淋菌か?は、症状に大きな違いが無い為、検査を受けないと判断する事ができません。

また、咽頭クラミジアは細菌性の病気の為、市販の風邪薬では治らず、菌が増殖していきます。その為、病院でクラビットやアジスロマイシンなどの抗生物質・抗菌剤を処方してもらわないと治りません。

そもそも、咽頭クラミジアに感染している場合は「無症状のケースが非常に多い」ことから、感染に全く気付かずに日常生活を続けている人が多い事が問題になっています。

 

咽頭クラミジア・淋菌の感染経路

オーラルセックス全般で感染する

感染経路は主にオーラルセックスです。性器クラミジア感染している相手の性器を口で愛撫した場合に感染のリスクがあります。

オーラルセックスとは、口を使った性行為全般の事を指し、フェラチオ、クンニリングス、リミング(アナル舐め)、ディープキスなどが挙げられます。

また、咽頭クラミジアや咽頭淋菌を持っている相手とキスをしただけでも感染の可能性があります。

軽いフレンチキスなどでは感染しませんが、相手の唾液が侵入するようなディープキスをした場合は感染の可能性があります。

>>喉の性病の感染経路について

 

咽頭感染と性器感染の関係

原則として、喉に感染したクラミジアが自分の性器へ移動したり、性器に感染しているクラミジアが喉へ移動する事はありません。

ただし、パートナーを介して両方感染してしまうケースが非常に多いです。

例)
咽頭感染者がフェラチオ→相手の性器に感染→性行為で自分の性器に感染

咽頭感染者がクンニリングス→相手の性器に感染→性行為で自分の性器に感染

 

喉も、性器も検査しないと意味が無い

一般的に性病検査をする というと、HIVや梅毒の血液検査と、クラミジアや淋菌の尿検査(女性は膣液検査)で済ませてしまう場合が多いです。

もし、オーラルセックスをしていて喉だけにクラミジアや淋菌を持っていた場合、検査結果が陰性でも性病の感染を見落としてしまうリスクがあります。そして、パートナーや別の人へ感染を広げてしまうのです。

性病に感染するリスクのある行為があった人は【喉への感染の可能性があるか無いか?】一度検討して、必要であれば喉の検査もセットで行うようにしましょう。

※一般的には女性の方が咽頭への性病感染者は多く、男女比で1:1.5といわれています。

その他の主要な性病の症状は下記の記事で見ることができます。

>>【性病の症状を総まとめ】その症状、もしかしたら性病かも?(男女別)

 

 

咽頭クラミジアの潜伏期間

大半の人が無症状のまま

咽頭クラミジアや淋菌の潜伏期間は、一般的に感染後1週間~3週間の潜伏期間を経て軽い症状が出ると言われています。

しかし、咽頭クラミジアや淋菌に感染した人のほとんどが無症状です。

仮に症状が出たとしても、喉の軽い痛みや扁桃腺の腫れがおこるだけなので、症状が出ても【咽頭クラミジアかな?】と自覚するのは非常に困難です。

症状が出ていなくても、一度感染した時点で、他の人にうつす可能性もあります。パートナーとのオーラルセックスで相手の喉や性器に感染させてしまうリスクが高くなります。

ちなみに、咽頭クラミジアに感染した場合、うがい検査なら症状が出ていなくても翌日から検査をすれば陰性か陽性か判別する事ができます。

 

こんな人はすぐ喉の性病検査を!

下記のような条件に当てはまる・心当たりがある人は今すぐ検査をしましょう。

男性

  • 風俗でクンニしちゃった・・
  • 風俗でアナル舐めしちゃった・・
  • 風俗で激しくディープキスして性病が不安
  • 過去に不特定多数の人とオーラルセックスした
  • 風邪でもないのに喉が腫れる
  • 痰が頻繁にからむ、いがらっぽい

女性

  • フェラチオしてから喉の調子が悪い。風邪っぽいけど治らない
  • 風俗店に勤めてたけど、のど検査してないお店だった
  • 過去に不特定多数の人とオーラルセックスした
  • 挿れる時はコンドームはつけたけど・・・・

 

もし、自分の性器が相手の粘膜に触れている場合は、性器への感染の疑いもありますので咽頭感染の検査と併せて性器の検査もするようにしてください。

性器だけ、喉だけ検査して陰性(性病に感染していない)だったとしても、喉だけ陽性(性病に感染している)の場合もあります。

喉と性器それぞれの性病感染を見落とさない為にも、喉と性器の性病をセットで検査するようにしましょう。

 

 

咽頭クラミジア・淋菌の検査方法

咽頭クラミジア、咽頭淋菌など喉に感染する性病は具体的にどのように検査するのでしょうか?

現状、大きく分けて、2種類の検査方法が採用されています。

 

喉の粘膜を採取する検査

喉の奥をスワブという綿棒で拭って検査する方法です。上記の写真のような長い綿棒で喉の奥をゴリゴリして、粘膜を採取し、それを検査する事で性病感染しているかどうかを調べます。

耳鼻咽喉科や病院、一部の性病検査キット業者がこの粘膜採取する検査方法を採用しています。

この検査方法のデメリットは何と言っても【喉の奥をゴリゴリする直接的な身体負担】です。喉の奥に異物をいれたらオエってなりますよね?さらに綿棒でこすらなければいけないので余計に苦しいです。涙が出ます。

採取した粘膜(咽頭擦過物といいます)で検査を行いますが、喉の一部からしかサンプルを採取できないため、感染しているクラミジアや淋菌がごくわずかだった場合、検査でスルーしてしまう可能性も否定できません。

 

うがい液による検査

うがい液による検査は咽頭クラミジア・咽頭淋菌検査の検査で今後主流になっていく検査方法です。

綿棒による採取と比較して、簡便で咽頭の広範囲におよぶ粘膜細胞や粘膜付着物の採取が可能です。また、採取時における身体的負担が非常に少ないこと、検出率が高い等のメリットがあります。

厚生労働省のウェブサイトでも、従来の「咽頭擦過物」に比べ、「うがい液」での採取のほうが菌が見つけやすい報告があると紹介されています。
参考:厚生労働省ホームページ抜粋ページ

性病クリニックや、一部の性病検査キット業者(GME医学検査研究所、STD研究所)が、このうがい液による検査方法を採用しています。

 

うがい検査のメリット
  • 身体への負担が少ない
  • 水道水でうがいするだけでOK
  • 綿棒検査より高精度

採取したうがい液は【リアルタイムPCR法】というクラミジアや淋菌の遺伝子を検出する最新の検査方法を利用しています。

遺伝子検査は非常に高精度・高感度が特徴で、なんと、うがい液の中にクラミジアの細菌が2~3粒しかいない場合でも検出できるそうです。

 

喉の性病検査方法のまとめ

綿棒検査よりうがい検査がおすすめ

身体への負担も少なく、検査精度も高いというお墨付きを厚生労働省に頂いているのであれば、うがい検査を選ばない理由はありません。

つづいては、【何処で検査ができるか?】についてご紹介します。

 

 

喉の性病感染の検査を受ける方法

咽頭クラミジアや咽頭淋菌に感染しているかどうかは、性病検査を受けないと絶対にわかりません。

つまり、性病に感染しているかも・・・という不安を解消する為には検査を受けて陰性、つまりクラミジアや淋菌に感染していないという結果を確認するしかありません。

具体的に、喉の性病検査を受ける方法は主に下記の3つの方法があります。

  1. 性病科(性病クリニック)
  2. 耳鼻咽喉科・病院
  3. 性病検査キット

それぞれの検査機関の特徴について、詳しくご紹介していきます。

 

検査費用と検査時間の早見表

ここでは、喉の性病(咽頭クラミジアと咽頭淋菌)のセット検査の価格と、検査を受けてから結果が分かるまでの日数について一覧表にしました。

  検査スピード 検査費用
性病クリニック 2日~3日 7,200円-20,000円
耳鼻科・病院 一週間前後 保険適用:
3,000円-5,000円
自己負担:
7,000円-10,000円
性病検査キット 2日~3日 5,190円-6,480円

 

喉の性病は即日検査ができない

性病クリニックは検査料金が高く、保険も効かない為、自己負担100%です。その代わりに即日検査などのスピードを売りにしています。

ただし、喉の性病検査は即日では検査結果が出ません。最短で翌日です。その為、高いお金を払って性病クリニックで検査をするメリットはあまりありません。

 

各検査機関の特徴

下記に、それぞれの検査機関の特徴やメリット・デメリットについて詳しくご紹介します。詳しく知りたい方は下記の項目をタップすると開きます。

性病クリニックで検査する場合
耳鼻咽喉科/病院で検査する場合
性病検査キットで検査する場合

 

 

 

喉の性病検査は保険適用はできる?

性病科や耳鼻咽喉科・泌尿器科で性病の検査を受ける場合、保険適用されない場合と検査費用が高額になります。

保険適用か否かのポイントは【明確な症状があって、治療を受ける前提で検査するか?】です。

性器の性病の疑いがあって病院へ行く場合は、症状が出ている場合が多い為、保険適用される可能性も高いです。

しかし、喉クラミジアや喉淋菌は無症状のケースが多く、【検査目的】で受診すると保険適用外になり自己負担額100%になってしまいます。

※また、政府は医療制度改革として健康保険の適応範囲を再検討しています。風邪などの軽い病気は健康保険の適応からはずすことも検討されています。近い将来性病に対して健康保険が使えなくなってしまう可能性はあるとの事です。

参考:性病に健康保険は 使えるのか

中には、耳鼻科や病院で保険適用させたいがために風邪の症状を訴えてみてもらう人もいます。

しかし、その場合性病の検査をしてくれない為、処方される薬も変わってきます。

クラミジアや淋菌の治療の場合、ジスロマック(アジスロマイシン)かクラビットが主に処方されますが、普通の風邪と診断されると別の薬を処方される可能性が高くおすすめできません。

>>喉の性病の治療方法について

 

 

喉の検査は性病検査キットがおすすめ

喉の性病(咽頭クラミジア・咽頭淋菌)を検査するなら、性病検査キットを利用するのが一番簡単で、おススメです。

病院よりも検査結果を早く知る事ができ、検査費用は性病クリニックよりも安いです。

また、GME医学検査研究所や、STD研究所の検査キットを利用すれば、最新の【うがい検査】を導入しています。水道水でうがいをした水だけで、精度の高い検査を受ける事ができます。

↓水道水でうがいをして、その液体を容器に入れて郵送するだけです。

主要な検査キット業者の検査費用を下記にまとめました。

 

喉(のど)検査のみ価格

 業者名 価格
GME医学検査研究所
5,190円  
STD研究所 6,480円  
ふじメディカル 5,850円  
宅配ドクター なし

※検査項目:咽頭クラミジア、咽頭淋菌

※GMEはローコストパッケージの価格
※送料、税込価格

 

咽頭検査はGME医学検査研究所が最安値

喉のクラミジア・喉の淋菌を検査する検査キットでは、GME医学検査研究所の料金が最も安いです。

単体の価格ではふじメディカルが一番安いのですが、送料が別途かかります。GMEは送料無料の為、トータルでは一番安く喉の検査を受ける事ができます。

 

 

 

性器と喉の両方を検査する(オススメ)

 業者名 検査費用
STD研究所 10,476円    
GME医学検査研究所 10,330円    
ふじメディカル 8,880円    

※検査項目:クラミジア、淋菌、咽頭クラミジア、咽頭淋菌

 

性器と喉のセット検査はふじメディカルが最安値

咽頭検査(クラミジア・淋菌)に加え、性器のクラミジアと淋菌の感染有無もセットで確認できる検査キットの場合、ふじメディカルが最安値です。

ふじメディカルを選ぶ場合、2点注意があります。1つは喉検査の検査方法。ほかのGMEやSTD研究所はうがいするだけで検査が出来ますが、ふじメディカルは綿棒で喉の奥の粘膜を採取する必要があります。

また、もう一つは検査結果をWeb上で見るのではなく、郵送で結果が送られてきてしまいますので、家族にバレずに検査を受けたい人は、GMEをおすすめします。

 

 

 

一番おすすめの検査キットはGME

GME

安い、早い、安心

GME医学検査研究所の検査キットは送料無料でトータルコストが圧倒的に安いです。

ローコストパッケージという簡易包装版を提供している事が特徴です。その為、耳鼻咽喉科や病院で保険適用検査を受けるのとほぼ同水準の価格で検査が受けられます。

また、検査結果が出るまでに検体が届いてから1日~2日と早いのも特徴。自社検査機関で365日検査をしている為、病院と変わらない高い検査精度を誇っていますので安心です。

病院だと1週間はかかりますし、また検査結果を確認する為に病院に行かなければなりません。

 

高い匿名性

GMEはインターネットで注文して届くキットでサンプル(うがい液)を採取し、郵便で送り返せばインターネット上で簡単に検査結果を知る事が出来ます。

注文時も偽名でOKですし、家族にバレたくないのであればコンビニ留めや郵便局留めで注文すれば、自分の住所すら入力する必要がありません。

また、個人名での検査キットの配送も対応可能なので、荷物を家族に見られても性病検査キットとは絶対ばれません。(注文時に選べます)

 

うがい検査で簡単検査

咽頭クラミジアと咽頭淋菌の検査方法で、GME医学検査研究所は【うがい検査】を採用している事もおすすめの理由の一つです。

ふじメディカルが採用している粘膜採取と比べて、GMEのうがい検査は検査時の負担も全くありません。水道水でうがいした水を郵送するだけです。

また、GMEのうがい検査は高精度の検査(リアルタイムPCR法)が可能で、信頼性が非常に高いです。(うがい液の中に2-3粒のクラミジア細菌がいるだけでも発見できるそうです)

ちなみに、当サイトから性病検査キットを選ばれる方のうち、95%以上の方がGMEを選んでいます。

>>GME医学検査研究所の性病検査キットを一番におすすめする4つの理由

 

 

 

まとめ

性病クリニック=早い高い
咽喉科・病院 =遅い・普通
性病検査キット=早い・安い

性器に感染する性病よりも自覚症状が乏しく感染しても気付きにくい咽頭クラミジア、咽頭淋菌。

気付かないまま過ごしてしまうとパートナーへ感染させてしまったり、最終的には相手を通じて性器への感染まで発展してしまいます。

特に、【風俗で遊んだ】【いつもと違う人とセックスやオーラルセックスをした】という場合には、一刻も早く性病検査を受けましょう。

性病感染の不安を解消する為には、検査をして陰性(感染していない)を確かめる以外に方法はありません。

一時の恥ずかしさや面倒臭さから検査を受けないで性病を放置する事は、あなたの身体へのリスクはもちろん、パートナーへの感染リスクがあがってしまい危険です。

自分の都合に合わせて安く早く検査が受けれる性病検査キットを使って、是非この機会に検査を受けましょう。

 

喉の検査におすすめの性病検査キットランキング

1位:GME医学検査研究所

オススメ検査キットNo.1!
迷ったらGMEを選べば間違いない!
GMEは【迅速さ】【価格】【検査項目】【信頼性】【匿名性】全ての項目で高い水準を満たしています。
365日自社検査機関での検査、送料無料、局留め配達や個人名発送対応もOK。提携病院の数も2000件以上とダントツ。一番オススメできる検査キットです。

2位:STD研究所

売上No1の老舗。サイトコンテンツも充実
GMEと比較すると少し割高ですが、人気の項目がセットになっていて非常に使いやすい。また、豊富な専門コンテンツでサイト利用者への情報提供も充実。

3位:ふじメディカル

ブライダルチェック・カップル検査に強み
カップル割引で主要な性病をまとめて検査する場合は最安値。パートナーとブライダルチェックを受ける場合にオススメ。

更新日:

Copyright© 性病検査NAVI , 2017 AllRights Reserved.