スマタ(素股)で感染する性病

更新日:

スマタも性病になる恐れがある?

性風俗店に行った事のある男性ならご存知だと思いますが、要は男性のペニスを女性の股ではさみ、摩擦して刺激する行為(プレイ)の事です。本番(セックス)行為が禁止されている性風俗店ではメジャーなプレイの一つです。

妊娠の心配が無い為、圧倒的にナマで行うお店が多いです。
さて、挿入しなくてもお互いの性器・つまり粘膜が接触するこの行為で、どのような性病にかかるリスクがあるでしょうか?

 

クラミジア・淋病

素股の場合は粘膜同士が接触することは少なく、膣や尿道に入ってくる体液もかなり減ります。
このため、普通のセックスやフェラチオに比べれば、クラミジア・淋菌に感染する確率はかなり低いです。

ただ、もともと感染しやすい病原体であるため、素股を行っているうちに膣や尿道に精液や膣分泌物が入り込んでしまえば感染する可能性もあります。
また、男性の場合はクラミジア・淋菌だけでなく、素股によって雑菌による尿道炎になる可能性もあります。

予防にはコンドームが有効です。
コンドームを使えばクラミジア・淋菌の感染はほぼ防げます。

>>クラミジアの症状(男性)

>>淋菌の症状(男性)

 

 

梅毒

梅毒は感染者の血液や精液、膣分泌液などの体液や皮膚にできる梅毒病変に触ることで感染します。

性器をこすりあう素股は梅毒に感染しやすいです。梅毒はもともとの感染力が非常に強い為、コンドームを使用しても完全に予防する事は出来ません。

 

性器ヘルペス

主に精液や膣分泌液などの体液に含まれたウイルスが小さな傷口から入り込むことで感染します。
特に水ぶくれの中の液体にはウイルスが大量に含まれていて感染力が非常に強いです。

性器同士が接触する素股は性器ヘルペスに非常に感染しやすいです。コンドームを使用すれば感染率は下がりますが、こちらも完全に予防できるわけではありません。

 

 

尖圭コンジローマ

ヒトパピローマウイルスというウイルスが原因で、感染者の皮膚や粘膜に接触することで感染します。
ウイルスがいるのは性器周辺の皮膚や粘膜なので、性器をこすりあわせる素股は感染しやすいです。コンドームを使用すれば感染率を下げることができますが、こちらも完全に予防できるわけではありません。

また、感染してもイボができないことも多く、症状のない人からでも感染することがあるため注意が必要。

 

毛じらみ

毛じらみはほとんど動かないで、陰毛にしがみついています。感染するためには陰毛と陰毛が直に接触することが必要です。

陰毛が接触した際に毛じらみが相手の毛に乗り移ることで感染します。つまり、素股は毛じらみに非常に感染しやすいです。

もちろん、陰毛の接触が問題な為、コンドームには毛じらみを予防する効果は全くありません。

 

まとめ

コンドームを使用すればクラミジアや淋菌などの尿道から侵入する性病は予防できますが、他の性病は濃厚な接触で感染する可能性がある為、完全に予防する事は出来ません、

もはや確率の問題です。風俗に行けばいくほど、感染する可能性は上がると言えます。
大切なパートナーがいらっしゃる方は、出来れば風俗へは行かない事。過去に行った事があり、不安な方は一度性病検査を行い、今までの行為に区切りをつける事が大切です。

 

少しでも不安ならすぐに検査を

性病の不安は、一人で悩まずに勇気を持って検査を受ける事が解決の第一歩です。悩んでいても何も解決しませんし、そのまま放置すれば症状が悪化したり、あなたの大切な人や将来のパートナーに感染させてしまう恐れもあります。

検査を受けた結果、陰性であれば今後安心して過ごす事が出来ますし、陽性だった場合は早期治療に進めることが出来ます。いずれにせよ、性病の心配があるなら早期検査→早期治療が一番です。

特に、日本では風俗店・一般の若い人達を中心にクラミジアや咽頭クラミジア等、自覚症状の出にくい性感染症が拡大しています。気付かないうちにうつされたり、誰かにうつしてしまっている可能性も十分にあります。

風俗で遊んで性病が不安・・という人は、クラミジアの感染の疑いが無いかチェックしてみる事を強くお勧めします。クラミジアについては下記の記事で詳しくご紹介していますので参考にしてみてください。

 

 

-行為から調べる
-,

Copyright© 性病検査NAVI , 2017 All Rights Reserved.