性病の検査

性病専門クリニックで検査を受ける場合のメリット・デメリット

更新日:

風俗で遊んだ後や、いつもと違う相手との性行為の後、性病感染が不安になる事が1度や2度はあると思います。

そんな時の解決方法は、早期検査を受け、もし感染していたら早期治療に進む。これ以外の対応方法はありません。

一般的に、性病検査といえば大きく分けて4種類の方法があります。

今回は、性病クリニックで検査を受ける場合のメリットとデメリットについて詳しくご紹介します。

 

性病クリニックとは

性病クリニックは、普通の病院や泌尿器科と違い、性病の検査・治療に特化したクリニックの事です。身体の悩みを解決するクリニックで良く実施されています。

(東京上〇クリニックのように、包茎治療・ワキガ治療等と一緒に性病治療も行っているケースが多いです。)という事で、通常の病院とは少し内容が違う為、分けて説明します。

 

 

性病クリニックで性病検査を受けるメリット

  • 検査結果が即日分かるサービスがある
  • 検査項目が豊富
  • 土日、夜遅くもやっているクリニックが多い
  • 性病検査で陽性だった場合、そのまま治療を受けれる
  • 最新のHIV検査等も受ける事が出来る

性病の検査・治療専門のクリニックだけあって、即日検査結果を知る事ができたり、最新のHIV検査方法を用いているケースが多いです。

例えば、3カ月たっていなくても検査が出来る核酸増幅検査(NAT)等にも対応している事が多いです。

また、土日、夜遅くもやっている所が多い為、仕事で忙しくて病院に行けない人にも助かります。【一刻も早く検査して安心したい!】というニーズをしっかりとらえていますね。

 

 

性病クリニックで性病検査を受けるデメリット

  • 検査費用、治療費用がとにかく高い
  • 保険証は適用外。保険治療はうけられない
  • 悪質業者による性病詐欺や高額請求もある

しかし、いいことばかりではありません。結局、性病専門のクリニックは人の悩みに応える対応力を持つ代わりに、かなり高額な費用がかかります。

具体的には、無保険で病院で検査する金額と同等、またはそれ以上の検査費用がかかります。しかし土日の夜でも、「今すぐ結果を知って安心したい!」という人は多い為に、利用する人が結構多いです。

中には、困っている人の弱みに付け込んで高額請求する悪徳なクリニックもあるようですので注意して信頼できるクリニックへ行くようにしましょう。

※参考)Yahoo 知恵袋の実例

 

 

性病クリニックで性病検査する場合の費用

上記のデメリットでご説明した通り、保険対象外の検査が前提の為、クリニックや検査方法によって金額にはかなり幅があります。参考までに、某有名性病クリニックの料金表を下記に引用します。

  • HIV即日検査(第三世代):8,000円
  • HIV即日検査(第四世代):10,000円
  • クラミジア即日検査:8,000円
  • 淋病即日検査:8,000円
  • 梅毒即日検査 :8,000円
  • B型肝炎即日検査:8,000円
  • C型肝炎即日検査:8,000円
  • ヘルペス即日検査:8,000円
  • 咽頭クラミジア検査:8,000円
  • 咽頭淋病検査:8,000円
  • トリコモナス検査:8,000円
  • ヘルペス抗体検査:8,000円

HIVやクラミジア・淋菌が即日で検査できるのは非常に大きなメリットですが、検査費用は高いです。

 

まとめて検査を受けないと意味が無い

また、クラミジア感染が疑われる場合は淋菌もセットで検査すべきです。HIV感染なら梅毒・・・といったように、性病検査は1項目だけではなく、疑われる性病を全て検査しないと意味がありません。

その為、一通りの性病検査を受けるだけでも数万も請求されてしまう事もあります。

 

 

まとめ

上記のような、金銭的デメリットを解消しつつも、病院や保健所よりも早く検査結果を知る事が出来る方法として自宅検査キットを利用する方法もあります。

検査キットも、認可を受けた検査業者が責任を持って検査をしている為、検査精度や品質には全く問題がありません。

そして、コストパフォーマンスも非常に高い為、現在日本での性病検査シェアの50%を占めています。

緊急度・金銭面などご自身の状況に合わせて、ベストな検査方法を選んでみてください。

>>性病検査キットで性病検査する場合のメリット・デメリット

-性病の検査

Copyright© 性病検査NAVI , 2017 AllRights Reserved.