風俗の種類から調べる

ニューハーフヘルス(同性風俗)の性病感染リスク

投稿日:2015年12月14日 更新日:

shemale

ニューハーフヘルスは危険がいっぱい

皆さんは、ニューハーフヘルスってご存知ですか?その名の通り、風俗嬢が女性ではなくニューハーフです。

近年は【女装娘】なども流行り始めて、同性風俗が今後伸びてくるのでは?と思います。
ニューハーフヘルスの大きな特徴は、【本番行為が出来る事】ここで言う本番行為とはアナルセックス(AF)の事です。

 

同性風俗は治外法権

同性の性行為については、風営法も適用されないんです。
少し前に某国会議員が男性を売春したニュースがありましたが、逮捕されませんでしたよね?同性同士で金品を払って性行為する事については、今のところ日本では規制する法律が無いんです。

さて。斉藤さんはニューハーフヘルスについてどう思っているかというと
【一度は行ってみたい】とは思っています。社会勉強ね。何事もフロンティア精神が大切ですから。

しかし、なかなか行く勇気が出ない一番の理由は【性病のリスクが高すぎる】という事です。

 

 

なぜニューハーフヘルスは危険か?

アナルセックス

ニューハーフヘルスの売りは【アナルセックスOK】という事。
性行為の中でHIVの感染率が一番高いのはアナルセックスといわれています。

理由は、肛門、直腸内は出血しやすい為、血液感染の病気の感染率が格段に上がるからです。
また、もちろん腸内は大腸菌や雑菌も死ぬほどいますので、尿道炎や膀胱炎・その他性感染症のリスクも通常の性行為と比較してかなり高いです。

 

逆アナルも・・・

ニューハーフヘルスに行く人は、たいてい【自分のアナルにも入れてもらう】プレイをご所望の方が多いです。相手のペニスを自分のアナルへ挿入される事はさらに性病感染のリスクが上がります。

 

コンドームすれば防げる?

もちろん、フェラ、挿入、挿入される時にコンドームをしっかり使用すれば性病感染の可能性はかなり下がります。

でも・・・

【コンドームが破れない保証がどこにありますか?】

という事です。こんな事を言ったらキリはありませんが、アナルセックスは通常の膣性交に比べて、挿入時に手間取ったり、余計な摩擦が生じる事でコンドームが破れやすいです。
挿入している間に破れていたら生と同じです。超危険です。

 

 

ニューハーフヘルスのプレイで感染する可能性のある性病

フェラされる場合

クラミジア・淋菌・雑菌性尿道炎

 

フェラする場合

咽頭クラミジア咽頭淋菌

 

アナル舐めする場合

A型肝炎赤痢アメーバ症など

 

アナルを舐められる場合

梅毒ヘルペスなど

 

アナルに挿入する場合(アナルセックス)

HIV梅毒クラミジア淋菌C型肝炎雑菌性尿道炎 等

 

アナルに挿入される場合(逆アナル)

HIV梅毒クラミジア淋菌C型肝炎 等(リスク高)

 

 

同性(男)の性行為は性病感染率が高い

偏見で申し上げるわけでは御座いません。事実、HIVは男性の同性愛者の間で爆発的に増えています。これは、アナルセックスによる出血と、妊娠するリスクが無い事からコンドームを利用しない人が多い事が原因です。

ニューハーフヘルスで働いている人が、日常的にもコンドームをしっかり使って性病予防をしている保証はどこにもないですし、通常の風俗店よりもお店での性病検査を行っていないパターンが非常に多いです。

 

まとめ

  • ニューハーフヘルスは通常の風俗店より危険だと認識しましょう
  • プレイ時は必ず全ての行為でコンドームを利用して、粘膜接触を防ぎましょう
  • お店で不安な行為があった方は、一度性病を検査しましょう

※HIV感染の可能性が高い場合、90日待ってからまとめて他の性病と一緒に検査を受けてください。

危険な行為があった場合は早期検査・早期治療が大切です!

うーん、でも気になるよね。ニューハーフヘルス。

 

追記

ニューハーフヘルスにハマりました。みんさんも性病感染には気をつけて楽しく遊んで下さい。

-風俗の種類から調べる
-

Copyright© 性病検査NAVI , 2017 AllRights Reserved.