性病予防の心得7カ条

更新日:

10代から20代まで、過酷なクラミジアライフを送った私が、皆さんにこれだけは伝えたい!という言葉をまとめました。

危険な性行為前にふと思い出してくれたら嬉しいです。

 

 

その1 生フェラ禁止!!

何回でも言います。全ての行為にコンドームを使ってください。日本人は性病に対する危機感が希薄過ぎます。特に風俗店で働いている女性は咽頭クラミジアや咽頭淋菌の感染率が非常に高いと言われています。

本番行為でしっかりコンドームを使っても、フェラチオが生だったら意味がありません。クラミジアや淋菌には簡単に感染します。

 

 

その2「心当たりがあって」「違和感があったら」ほぼ性病!

これは本当に間違いない。風俗遊びや不特定多数との性交渉後に尿道の違和感があればまず性病を疑ってください。個人的経験からも嫌な予感がした時はたいていクラミジアに感染していました・・・

 

 

その3 個人輸入の抗生物質は買うな!ちゃんと医者に行け!

処方箋なしでジスロマックを購入する事が出来る個人輸入代行。しかし、中途半端な素人の治療は逆効果です。必ず治療は病院で行いましょう。

>>抗生物質の個人輸入はおすすめできない。

 

 

その4 風俗店は性病のショッピングモールだと思え!

【ちゃんと検査している店】って何の保証があるのか?検査の頻度は?咽頭クラミジアの検査は?風俗店は性病のリスクを十分に理解した上で楽しみましょう。

 

 

その5 一般人が安全だなんて大きな勘違い!!

斉藤さんの9回のクラミジア感染のうち、6人は一般人です! 若い一般女性・男性なんて性病の知識が皆無。HIVと避妊の為のコンドーム使用しか知らない人ばかり。 特に10代20代は注意!

>>実は風俗より一般人相手の方が危険!?

 

 

その6 海外で風俗行くなら自分でコンドーム持っていけ!

【もしゴムが破れたら?】の不安を解決する為に、日本製の良い品質のコンドームを使いましょう。

>>おすすめの性病予防グッズ

 

 

その7 嫁さんいるなら風俗行くな!その金で嫁になんか買ってやれ!

ものすごい正論ですいません。バツ2の斉藤さんが言うのもおかしいかもしれませんが、風俗なんて行くお金があるなら奥さんにアクセサリーでもプレゼントしましょう。夫婦の営みを大切に。

 

 

まとめ

もしかしたら・・・と不安になったらまずはすぐ検査を受ける事が大切です。

もちろん性病検査には多少のお金がかかりますが感染してなければ安心できますし、もし感染していたら早期治療にうつることができます。

性感染症の対策は早期検査・早期治療が一番重要です。

特に、男女ともに性器クラミジア感染症と咽頭クラミジア感染症については感染者も多く、感染力も強いので心当たりが無いかチェックして下さい。

>>男性の性器クラミジア感染症について

>>女性の性器クラミジア感染症について

>>男女共通 咽頭クラミジア感染症について

-性病の予防

Copyright© 性病検査NAVI , 2017 All Rights Reserved.