デリヘルやピンサロで働く風俗嬢必見!定期的な性病検査で自己防衛を!

更新日:

あなたの働いているお店、ちゃんと性病検査を実施していますか!?

一般的な性風俗店では働く女性へ定期的な性病検査(月に1回程度)を実施し、もしも性病・性感染症が発覚した場合は出勤停止にしているところがほとんどです。

しかし、最近主流の無店舗型風俗、つまりデリバリーヘルスは、私が知っている範囲でもかなり適当な管理をしている所も多いです。

定期的な性病検査を実施していないお店も多いのが現実です。

今回は、デリヘルやピンサロで働いている皆さんが感染する可能性のある性病の種類や、自分で検査する方法について詳しくご紹介します。

 

業種別!女性が風俗店で感染しやすい性病

ここからは、働いているお店の種類ごとに、感染しやすい性病について簡単にご紹介します。

それぞれの性病・性感染症については別の記事で詳しくご紹介していますので、リンクをタップしてご覧ください。

 

ピンサロ(ピンクサロン)勤務で感染しやすい性病

ピンサロは、お客へ主に口でサービスする風俗。つまりフェラチオですね。

性器同士の接触はほぼないので、主に喉に感染するクラミジアや淋菌を貰いやすいです。

クラミジアに感染した男性のペニスをフェラする事で、喉の奥にクラミジアや淋菌等の咽頭感染をしてしまう可能性が高いです、

また、ピンサロ喉の性病検査をしていないお店が多い事と、咽頭感染の性病は症状が出にくい為、知らず知らずのうちに喉にクラミジア等をうつされている可能性があります。

喉に感染する性病の症状や潜伏期間などについては、下記の記事で詳しくご紹介していますのでご参照ください。

>>喉の性病(咽頭クラミジア・咽頭淋菌)の詳細はこちら

 

デリヘル(デリバリーヘルス)勤務で感染しやすい性病

HIVやC型肝炎等の血液感染する性病以外のほとんどの性病に感染する可能性があります。

ピンサロと同様に、フェラチオ(オーラルセックス)をする事で喉にクラミジアや淋病を貰う事も多いです。

また、スマタによる性器同士の接触がある為、性器クラミジアや淋病、ヘルペスやコンジローマなど、色々な性病に感染します。

さらに、デリヘルで個別交渉に応じて本番(SEX)までしてしまう人は、万が一コンドーム無しの生セックスをしてしまうと、HIVや梅毒等の感染の恐れもあります。

特に、デリヘルで働いている方は【喉のクラミジア】と【性器のクラミジア】に感染する人が非常に多いです。

また、ここ1-2年は、風俗店で働く女性の梅毒感染もかなり増えてきています。

一説では、爆買いブームで、大量に訪れた中国人が、淋病や梅毒を風俗店にかなり持ちこんでいるのでは?と言われています。。

それぞれの性病の症状や潜伏期間の詳細は、下記の記事をご参照ください。

>>喉の性病(咽頭クラミジア、咽頭淋菌)の詳細はこちら

>>性器クラミジア感染症の詳細はこちら

>>梅毒感染の詳細はこちら

 

 

クラミジアや淋病の感染を放置するとどうなる!?

クラミジアは、日本で一番感染者数の多い性感染症で、決して他人事では済まされません。

特に、風俗店へ頻繁に行く男性は、風俗に行かない男性と比べてクラミジアや淋病等に感染している可能性が高いです。

クラミジアや淋病は、女性の場合症状もほぼでない事が多く、抗生物質を服用すれば2週間程度で治る性病なので、HIVやC型肝炎等とは感染した時の重みも違います。

風俗店で働いている皆さんは、もうすでに何回か感染した事のある方もいらっしゃると思います。

【症状も軽いし、薬を飲めば治るなら別に気にしなくていいんじゃない?】

と思う方もいらっしゃると思います。

しかし、クラミジアに感染したまま放置すると、女性は特に様々なリスクがあります。

例えば…

不妊症の原因になるリスク

女性の場合は、子宮内膜炎や卵管炎などの症状になりますし、さらには骨盤腹膜炎にまで発展する可能性もあれば、卵巣炎、そこから子宮外妊娠不妊にまで発展してしまいます。

最悪の場合は、卵管が炎症で閉塞する事も・・・

 

母子感染による赤ちゃんへのリスク

お腹に赤ちゃんがいる妊婦さんがクラミジア感染症・淋菌感染の場合、お腹の中の赤ちゃんに感染してしまい、眼感染症や肺炎を引き起こす可能性があります。

妊婦さんは妊娠時の最初の検査でクラミジアやHIVなど主要な性感染症の検査を一通り必ず行いますが、その時になって初めてクラミジア感染が発覚し、旦那さんも検査したところ夫婦そろって感染していた。というケースが後を絶ちません。

なお、母親がクラミジア感染・淋菌感染したまま出産した場合、母子感染による新生児の肺炎が発症する確率は3~18%程度。やや幅がありますが、大切な子供の命を危険に晒す恐れがある状態といえます。

 

HIVや梅毒の感染率が数倍もアップする

また、尿道などが炎症を起こしていると、性行為の際に相手の血液や膣液が侵入しやすくなる為、HIV感染や梅毒などの血液で感染する重大な性病の感染率も数倍に上昇します。

具体的には、クラミジア感染者は普通の人より1回の性行為でHIVの感染率が8倍まで跳ね上がるといわれています。

 

クラミジア感染を軽く考えてはいけない!

クラミジア感染自体は決して激しい痛みを伴うような病気ではありませんが、感染したまま放置は上記のような深刻な症状に発展するリスクがあります。

幸い、HIVと違い、お医者様の指示に従って抗生物質を飲めばほぼ100%治癒が可能な病気です。

まずは【感染しない事】、そして【感染していたらすぐ治療する事】が非常に重要です。

>>クラミジア感染を放置する危険性

 

 

風俗店で働いてる女性が性病感染を回避するには?

風俗店で働くと、どうしても不特定多数の男性と性的な接触は避けられません。

具体的には、どのような点に気をつければお客からの性病感染を防ぐことができるのでしょうか?

具体的な予防方法を簡単に紹介します。

 

セックス(挿入)がある場合は絶対コンドームを使う

コンドーム無しの生セックスは、クラミジアや淋病などの粘膜感染する性病だけでなく、梅毒やHIVなどの血液感染するタイプの深刻な性病感染の可能性があります。

HIVなどは、一度感染してしまったら今の医療では完治ができません。

お客さんがどんなに交渉してきても、どんなにチップを払ってくれても【絶対にコンドーム無しの挿入は断りましょう】

 

フェラチオもコンドームを使う

コンドーム無しのフェラチオは、喉にクラミジアや淋病感染する可能性があります。

また、自覚症状が出にくい為、気付かないうちに感染して長い間放置してしまう恐れがあるので注意です。

 

スマタもコンドームを使う

クラミジアや淋病は、挿入していなくても、性器の粘膜が接触する事で感染の恐れがあります。

クラミジアに感染している男性の尿道の粘膜や我慢汁(カウパー)等が、膣粘膜と接触すると感染の可能性がありますので、コンドームを使いましょう。

 

激しいディープキスも避ける

万が一、お客さんが喉にクラミジアや淋病を持っていた場合、細菌が唾液に混じります。

唾液を交換するような激しいディープキスによって、喉にクラミジアなどが感染する可能性があります。

ディープキスによる咽頭クラミジア感染は、実際のところ感染確率としてはかなり低いですが、ゼロではありません。

可能な限り、激しいディープキスも避けた方が良いでしょう。

 

・・・・具体的にお客さんから性病を貰わないような予防方法を紹介しましたが、いかがですか?

おそらく、デリヘルやピンサロで働いている方はほとんどが、【フェラチオでコンドームを使う】という事が守れないと思います。

残念ながら、日本の風俗産業ではコンドーム無しのフェラチオ、つまり生フェラが標準サービスです。

ピンサロのようにフェラがプレイの中心の場合、なおさらコンドームつけろと言うのは難しいと思います。

では、どうすれば自分のからだを守ることができるでしょうか?

 

 

自分で定期的に性病検査を受けるしかない!

もし、あなたが働くお店が定期的な性病検査をしてくれないお店なら・・・

自分のからだは自分で守るしかありません!

最低でも月に1回は、定期的に性病検査を受けるようにしましょう。

毎月定期的に検査を受ければ、クラミジアや淋病に感染していても早期発見、早期治療ができるので、別の性病の感染率が上がったり、炎症が悪化して不妊症になってしまうリスクも抑えることができます。

 

どうやって検査を受ければいい?

多くの風俗店が利用している、郵送で検査を受けることができる性病検査キットを個人で購入して検査を受ける事をおすすめします。

郵送の性病検査キットは、匿名で、誰にもバレずに検査を受けることができますし、検査の結果はスマホで簡単にチェックする事ができます。

また、検査目的で性病科や病院で無保険の検査費用を支払うよりも、安く検査を受けることができる為、今後性病検査の主流になっていく検査方法です。

 

どの性病を検査すればいい?

全部の性病をまとめて検査を受ける

もし、あなたが今まで一度も性病検査を受けた事が無いのであれば、この機会に1回は全ての性病を検査する事をおすすめします。

具体的には感染するとリスクが大きいHIVや梅毒、C型肝炎や、感染する可能性が非常に高いクラミジアや淋病。

加えて、コンジローマやトリコモナスなどの性病もまとめて1回でチェックを受けることができます。

当サイトでおすすめしているGME医学検査研究所の性病検査キットなら、21,130円で全ての性病をまとめてチェックすることができます。

高いと感じましたか?

個人的には、【知らない間に性病感染して放置しているリスク】を考えれば安いものだと思います。

デリヘルにお勤めの方なら分かると思いますが、お客さん2人分くらいで、全ての性病感染の不安が無くなるなら安いと思いませんか?

是非この機会に、一度すべての性病をまとめて検査してみてください。

 

GME医学検査研究所のおすすめポイントは下記の記事で詳しくご紹介しています。

>>GME医学検査研究所の性病検査キットを一番におすすめする4つの理由

 

ピンサロで働く人は喉だけ検査を受ける

ピンサロで働いている女性は、基本的にフェラチオによる【喉へのクラミジア・淋菌の感染】しかありえません。

ですので、喉の性病検査だけを受ければOKです。

GMEの喉の検査キットなら、【うがいをした水を容器に入れて郵送するだけ】で、喉の性病に感染しているかどうかが分かります。

特に喉の性病は、感染していても症状が出ずに気付かない人が非常に多いので、是非検査を受けてみてください。

 

 

デリヘルで働く人は喉+性器の性病検査を受ける

デリヘルやホテヘルなどの無店舗型ヘルスで働いていて、お店で性病検査をやってくれない女性には、喉+性器の両方の検査を受ける事をおすすめします。

セックス(本番)は無いと思いますので、検査すべき性病の項目は・・・

クラミジア、淋病、咽頭クラミジア、咽頭淋菌、トリコモナス、カンジダの4種類+喉2種類検査がおすすめです。

1回当たりのコストが最も安く、信頼性も高くおすすめのGME検査キットなら、毎月1回10,850円です。

 

 

 

もし長く働かれるなら定期購入がよりおすすめ

インターネットで調べると、色々な性病検査キット業者がありますが、GMEは検査精度の高さ、コストパフォーマンスの良さから、【実際に風俗店で定期購入をしているお店も多いです】

その為、個人向けの性病検査キットでも、【定期検査コース】を用意しています。

6か月間、毎月1回性病検査キットが送られてくるコースで、上記の6種類検査が更に割引されてお得になります。(約15%オフ!)

今後も、半年以上働く予定がある方は、定期購入が絶対にお得です。

また、1回注文すれば毎月検査キットが勝手に届くので、検査を忘れる心配もありません。

 

 

 

まとめ

自分のからだは自分で守る!

風俗店で働く女性はかならず定期的な性病検査を!

私自身、風俗店で働く女性と話す機会が非常に多く、性病について色々話をしたりすることが多いのですが、まだまだ働く女性本人の危機意識が足りていないと思います。

性風俗店で働く女性と、その他の女性の性病感染率は、統計で見ても3倍以上も感染率の差があります。

性病感染は決して他人事ではありません。定期的な検査が早期発見と早期治療に繋がります!

この機会に是非一度、主要な性病検査を受けてみてください!

 

-性病の検査, 性病コラム

Copyright© 性病検査NAVI , 2017 All Rights Reserved.