風俗の種類から調べる

ホテヘルで感染する性病(ホテルヘルス・店舗型)

投稿日:2015年12月30日 更新日:

ホテヘルとは、ホテルヘルスの略でホテルで性的なサービスを受けることができる性風俗店です。主なプレイ内容と感染する可能性のある性病を把握して性病予防に努めましょう。

性病感染危険度
★★★★☆

 

デリヘルとホテヘルの違い

デリヘルと大変似ているホテヘルですが、営業形態が違います。具体的には

デリヘル=店舗がない
ホテヘル=店舗がある

デリヘルは最初から風俗店としてのお店の登録がありません。電話でホテルを指定すればそこまで女の子が来てくれてサービスをしてくれます。

一方、ホテヘルは店舗があり、プレイの場所は別のホテルというシステムです。まずは店舗に行って女の子を写真で指名したりお金を払うと、指定されたホテルで待つように指示を受けます。そのホテルにあとから女の子が出張されてサービスを受けます。

デリヘルとホテヘルは風営法的にも区分が分かれているため、ホテヘルは深夜営業ができません。その為近年ではデリヘルの方が圧倒的にシェアを拡大しています。

ホテヘルは、自宅に呼びたくない、ホテルに呼びたくないけど店舗型のファッションヘルスがない時などに重宝します。また、デリヘルよりもホテヘルの方が安価なば価格帯が多いです。(デリヘルは交通費もある為総じて高額)

 

 

主なプレイ内容

ファッションヘルスやデリバリーヘルスとほぼ同じ内容ですが、オプションや選択肢の幅を考慮するとデリヘルよりは狭まります。

オプション

 

 

ファッションヘルスで感染する性病

注意すべきは、コンドームなしのオーラルセックスによるクラミジア、淋菌への感染です。日本の性風俗店は特にオーラルセックスによる性病感染について危機感が薄いため、生フェラが当たり前だったりします。かならず、風俗店でフェラチオを受ける時はコンドームをつけてもらいましょう。

また、ホテヘルの場合はホテヘル嬢の個人オプションとしてこっそり本番のサービスが出来る事が多いです。(追加料金5000円~1万円くらいで)

個人のオプションはホテヘル嬢の直接のもうけになる為、結構自分から提案してくる女性もいます。これにより、HIVのリスクも増大する為、必ずコンドームの着用を心がけましょう。

 

定期検査してるから平気じゃないの?

店舗型のヘルスは規則や立ち入りが厳しいために定期的な性病検査を行っていますが、頻度としては多くても月に1回程度です。その間に何人ものお客さんを相手にしていることを考えれば、ほぼ無意味なことがわかると思います。

また、安かろう悪かろうの不衛生な店や、性病検査をしていない店舗もある為注意が必要です。(風俗嬢の掲示板で、性病検査が無い所を探している怪しい風俗嬢をたくさん見ます。)

 

性病感染リスクを下げる方法

マットヘルスで性病感染リスクを避けるには、下記のことが大切です。

  • フェラチオの時もコンドームを使う
  • クンニリングスはしない
  • ディープキスもしない

それでも防げない性病もある

ケジラミや梅毒、コンジローマは接触による感染のリスクがあり、コンドームを使っても感染するときは感染します。

 

 

まとめ

風俗店の定期検査はお客さんの為ではなく、風俗嬢たちが自分の身を守るために受けているという事実をしっかりと認識して下さい。風俗遊びにリスクはつきもの。くれぐれもコンドーム無しの生プレイにはご注意ください!

生のオーラルセックスやセックスをしてしまった人は一度この機会に性病検査を受けてみる事をおすすめします。

-風俗の種類から調べる

Copyright© 性病検査NAVI , 2017 AllRights Reserved.