行為から調べる

手コキで感染する性病ってありますか?

更新日:

 

性病感染危険度
☆☆☆☆☆(ほぼ無し)

結論から言って、手コキによって性病に感染する可能性はほぼ無いと言っていいでしょう。風俗で一番安全に楽しめるのがこの手コキサービスです。

 

手コキで感染する性病

とはいえ、手コキでも多少病気のリスクがあります。それは【不衛生な手やローションによる炎症】です。具体的には

が、挙げられます。これは、雑菌が男性器の尿道から侵入して炎症を起こす病気で、雑菌性尿道炎にかかってしまうとクラミジアの様なムズムズ感や排尿時の痛みを感じる事があり、ドキドキする羽目になります。

 

手コキの際の唾液に注意

手コキをしてもらう時に一つだけ注意事項があります。それは、【相手の唾液をたらしたりしない事】です。唾液にはもちろん雑菌も多く含まれますし、相手の女性が口腔内のヘルペスや梅毒に感染していている場合、分泌液にはヘルペスや梅毒のウイルスが含まれてしまいます。

ヘルペスや梅毒のウイルスは非常に感染力も生命力も強い為、感染の可能性がゼロではありません。ちゃんとローションやオイルを使ってもらいましょう。

 

雑菌性尿道炎を予防する方法

雑菌性尿道炎を予防する一番簡単で効果のある方法は、【射精後に速やかにおしっこをする事】です。精液や、前立腺液、カウパー氏腺液には栄養がたくさんあり、尿道に残ったままにしておくと侵入した雑菌が繁殖する為の格好のエサとなってしまいます。

その為、射精が終わったらすぐ排尿する事で、尿道内の雑菌や精液・前立腺液・カウパー氏腺液を洗い出してしまう事が大切です。

これは、手コキの射精後に限らず、普通のセックスやマスターベーションの後でも有効です。行為が終わり次第、すぐにおしっこをする習慣を心がける事で、余計な尿道炎にかかって性病かも!?とドキドキする事も無くなります。

 

 

まとめ

手コキは一番安全な風俗のプレイの一つ。ただし、相手の唾液を使った【間接フェラ】にならないように注意しましょう。

-行為から調べる

Copyright© 性病検査NAVI , 2017 AllRights Reserved.