クラミジア

女性の淋病感染(淋菌)の症状と治療方法総まとめ

更新日:

クラミジア感染に次いで、日本で感染者の多い淋病。淋病は性器や喉の粘膜に淋菌が感染する事で発生する性感染症です。

特に女性は喉への無自覚な感染により、感染者を拡大させている事が多い為、注意が必要です。

今回は女性の淋病(淋菌)感染の症状や治療方法等について詳しくご紹介します。

※女性のクラミジアの症状についてはコチラから

 

淋菌の症状

ほとんど無症状

男性が強い症状が出るのに対し、女性はほとんど症状が出ません。

女性では症状がでるのは感染した人の1-2割くらいで、症状がでないのが普通といってもいいでしょう。このため、感染に気づかず治療もされないことが女性の淋病では問題となります。

淋菌が女性に感染した場合、最初に子宮頸部や子宮頸管に感染し、子宮頸管炎を発症します。

子宮頸部は膣の一番奥にある子宮の入り口で、子宮頸管は膣と子宮とつなぐ細い管です。クラミジアと淋菌はこの部分を好んで棲みつきます。

 

子宮頸管炎の症状

  • 性交時の痛み
  • 不正出血
  • オリモノの異常
  • 下腹部の違和感

 

黄色のドロッとしたオリモノが出る事も

女性の淋病では、黄色から緑白色の膿のようなオリモノとなることがあります。オリモノの量も増えることが多いです。

これに対してクラミジアの場合は、オリモノは水っぽくサラサラとしていて量もそれほどは増えません。

また、淋菌が感染した子宮頸管は出血しやすくなるため、少量の不正出血が続くこともあります。

他には性行為のときの軽い痛みや下腹部の違和感、軽い生理痛のような痛みがでることもあります。

 

 

膀胱炎の原因にもなる

女性が膀胱炎になる場合、原因の大部分は大腸菌ですが、淋菌が入り込んで膀胱炎となることもあります。

これはクラミジアも同様で、クラミジアが原因の膀胱炎となることもあります。

膀胱炎に頻繁にかかってしまう女性が、よくよく検査してみるとクラミジアや淋菌などの性感染症が原因だったというケースは、婦人科や産婦人科で多く聞きます。

膀胱炎に頻繁になる女性は、一度クラミジアと淋病に感染していないか検査する必要があります。

 

 

女性に多い咽頭感染(のど)

淋菌は性器だけに感染するとは限りません。【感染している粘膜と粘膜が接触】すれば、感染してしまいます。「喉」に感染するケースも近年、非常に多いです。

特に女性は、オーラルセックス(フェラチオ)により、相手男性の性器に感染しているクラミジアや淋菌がペニスを介して喉の奥の粘膜に感染する事が多い為、注意が必要です。

セックスの際はコンドームを使う事が多いと思いますが、フェラチオの際はコンドーム無しの人が多い為、女性の喉への感染率が非常に高いです。

 

咽頭感染もほとんど無症状

のどへの淋菌感染も無症状が多く、まれに扁桃腺が腫れるなどの軽い症状が出る程度です。自覚症状が無い為、自分で感染に気付くのが非常に困難です。

その為、疑わしい行為があった場合は性病検査などセルフチェックを行う事が大切です。

>>喉の性病の検査方法と症状

 

 

クラミジアとのダブル感染に注意

女性のクラミジアと淋病ではオリモノに違いはありますが、それ以外の症状に特に違いはありません。

そして、女性のクラミジアと淋病の一番の特徴はどちらもほとんどが無症状という点です。クラミジア、淋病のどちらに感染しても気付くことは少ないです。

>>女性のクラミジア感染4つの症状

 

淋菌に感染した女性のうち、2~3割はクラミジアにも同時に感染しています。不安な行為があった、体に違和感がある場合は、淋菌とクラミジアの検査をセットで行う事が大切です。

また、女性は【のど】への感染が非常に多いです。(フェラチオの為)

性器の淋菌感染はしていなくても、のどだけ淋菌感染しているケースも多々あります。あわせて、のどの検査もおすすめします。

>>喉の性病の検査方法と症状

 

不安な場合は検査を受けましょう

彼氏が浮気や風俗に行っていた事が判明した時や、彼氏とかではない不特定多数の男性とセックスをしてしまった後に性病感染が不安な人は、クラミジア・淋菌だけでも検査する事をおすすめします。

また、フェラチオやディープキスをした場合は喉にクラミジアや淋菌の感染の可能性がある為、喉の検査も一緒に受ける事が望ましいです。

これらの性感染症は行為の翌日以降なら感染の有無を検査する事が可能です。

 

クラミジア検査の方法

クラミジアや淋菌に感染しているかどうか検査する為には下記のような方法があります。

  • 病院(泌尿器科)/婦人科で検査
  • 性病クリニックで検査
  • 自宅検査キットで検査

それぞれの検査方法にメリット・デメリットがありますが、簡単にまとめると下記の通りです。

  検査キット 病院 クリニック
検査項目 多い 普通 多い
検査費用 安い 保険次第 高い
検査スピード 2-3日 1週間 即日-3日
土日祝対応 365日OK ×
検査確認方法 WEB 再診 即日
匿名性 偽名OK ×
総合評価 早い・安い 遅い安い 早い高い
検査費用例 5,190-6,480円 3,000円-7,000円 6,180-16,000円

※クラミジア・淋病のセット検査の価格概算

検査の精度については病院でも性病クリニックでも検査キットでも高精度な検査を受ける事ができるので心配いりません。

それぞれの検査機関の特徴やメリット・デメリットについて、下記に記載しました。詳しく知りたい方は下記の項目をタップすると開きます。

性病クリニックで検査する場合
病院で検査する場合
性病検査キットで検査する場合

 

自宅検査キットがおススメ

郵送で出来る自宅検査キットは、ネットで購入して、自宅で検体を採取して返送すれば数日でネット上で結果を知る事が出来ます。

もちろん、匿名で検査を受けれますし、病院や婦人科の様に問診で行為の詳細などを色々聞かれたりする事が無いので恥ずかしくも無いです。

性病検査キットの価格は、病院で保険適用を受ける場合より少し高いですが、100%自己負担よりは圧倒的に安いです。

 

 

 

郵送の性病検査キットの価格比較

郵送の性病検査キットを使えば、病院や性病クリニックよりも安価に検査を受ける事ができます。ここでは、大手の性病検査キットメーカーの価格を比較しました。

 

クラミジア+淋菌

検査キット業者 価格
STD研究所 5,400円
GME医学検査研究所 3,450円
ふじメディカル 4,150円

 

クラミジア+淋菌+のど検査

検査キット業者 価格
STD研究所 10,476円
GME医学検査研究所 10,330円
ふじメディカル 8,880円

GMEの検査キットは、うがいをするだけの検査で楽に検体の採取が出来ますし、匿名性も問題ありません。また、検査結果が反映するのが一番早いです。

GMEは365日検査実施していますので土日関係なく最短で検査結果を知る事ができます。「コスト」「匿名性」「速さ」を総合的に見て、GME医学検査研究所を一番におすすめします。

>>GMEの性病検査キットをおすすめする4つの理由

 

 

まとめ

無症状だからと言って安心できない!

男性のクラミジアや淋病感染に比べて、女性は自覚症状も少ないですが、そのまま放置すると不妊になったりと重大な疾患につながる恐れがあります。

女性の性病感染はほとんど自覚できるような症状が出ない為、性病感染が心配であれば一度は検査を受けてみてください。

身体に違和感が無い場合でも、人生の節目(お付き合いする人が変わった。結婚する。子供を作るなどのタイミング)に検査する事をお勧めします。

 

 

 

性病検査キット総合ランキング

1位:GME医学検査研究所

オススメ検査キットNo.1!
迷ったらGMEを選べば間違いない!
GMEは【迅速さ】【価格】【検査項目】【信頼性】【匿名性】全ての項目で高い水準を満たしています。
365日自社検査機関での検査、送料無料、局留め配達や個人名発送対応もOK。提携病院の数も2000件以上とダントツ。一番オススメできる検査キットです。

2位:STD研究所

売上No1の老舗。サイトコンテンツも充実
GMEと比較すると少し割高ですが、人気の項目がセットになっていて非常に使いやすい。また、豊富な専門コンテンツでサイト利用者への情報提供も充実。

3位:ふじメディカル

ブライダルチェック・カップル検査に強み
カップル割引で主要な性病をまとめて検査する場合は最安値。パートナーとブライダルチェックを受ける場合にオススメ。

-クラミジア
-,

Copyright© 性病検査NAVI , 2017 AllRights Reserved.