体験談・コラム

実は風俗より一般人相手の方が危険!?性病の意外な落とし穴

投稿日:2016年1月18日 更新日:

結論から先に申し上げますが、個人的には風俗店で遊ぶよりも一般女性とのセックスで性病感染する確率の方が高いと思います。実際、私はクラミジアや淋菌を何度も風俗店でうつされてますし、一般女性からも性病をうつされた経験が何度もあります。回数で言えば風俗店の方が感染回数は多いのですが、【感染率】で言うと、実は一般女性からうつされた確率の方が多いです。

私の性病感染率の比較【一般人vs風俗店】

具体的に私の14年間のデータを振り返ると・・・・

風俗の場合

風俗店での性接触人数=400人くらい
性病感染回数=7回
内訳:クラミジア4回、淋菌2回、咽頭クラミジア1回、ケジラミ1回
(クラミジアと淋菌重複感染あり)

性病感染率=1.75%

一般女性の場合

一般女性との性接触人数=100人くらい
性病感染回数=4回
内訳:クラミジア4回

性病感染率=4%

こんな感じで、実は一般女性から性病貰う確率の方が高いという事実にたどり着きました。風俗行きすぎだろお前!というツッコミはご勘弁を。

 

一般女性から性病をうつされる確率が高い理由

なぜ一般女性から性病を貰いやすいのか、これには理由があります。

女性の性病は無症状が多い
→クラミジアは女性の場合、8割以上が無症状と言われています。淋菌も、男性がかかると激痛で気付きますが、女性は無症状が多い為、検査しないと気付けません。

一般女性は性病に対する危機感が無い
→特に女性は、性病に対する知識も危機感も薄く、他人事と考えている人が多い気がします。実際には、10代20代の13%がクラミジア感染を経験しているというデータもあるのに。

濃厚な性接触が多い
→日本の風俗店でセックスが出来るのはソープだけですが、一般女性相手の場合はほぼ全員とセックスをする事になります。その分、性接触も多いし粘膜接触の濃厚度も高い為、相手が性病感染している場合に感染しやすいです。

生フェラ当たり前
→風俗以外でゴムフェラはあまり無いですよね。と言っても、日本の風俗店は生フェラ当たり前だから恐ろしいのですが。

性病検査する機会が無い
→風俗店に勤める女性は、ちゃんとしたお店なら定期的に性病検査をしますし、性病に対する知識もあります。しかし、普通に暮らしている女性が性病検査を受けるのは【妊娠した時や不妊治療の時】だけです。実際に妊娠して産婦人科で検査したらクラミジアだった、とかなかなか子供が出来ないから不妊治療に行ったらクラミジアだった。等の話は非常に多いです。

 

風俗で感染しやすい性病

クラミジアや淋菌がもちろん多いですが、最近では梅毒の感染も増加している為注意が必要です。
また、ケジラミやトリコモナスなどの、接触して感染するタイプの性感染症は、風俗の方が圧倒的に感染率が高いです。

HIVは、主に男性同士の同性愛者の間で感染が広がっていますが、風俗店でも一般人相手でも注意が必要です。

 

まとめ

相手の過去は分からない

一般人と性行為をする時に、その相手が【過去にどのような事をしていたか】は分かりません。
あなたとの性行為の前に何十人もの人を相手にしている可能性もあるし、ちゃんとしたお付き合いをしていたとしても性病をもらって気付かないままの場合もあります。
結局、二人で一緒に性病検査を受けるなどの予防措置を取らない限り、性病感染のリスクはあります。

性病は、他人事じゃない

性病は、決して風俗店でもらってくる病気ではありません。あなたの近くに潜んでいる身近な存在なのです。
不特定多数の人と性交渉をした事のある人は、この機会に一度性病検査を受けてみる事をおすすめします。

また、一般人との性交渉時も、必ずコンドームを使用して性病感染の予防に努めるようにしましょう。

関連記事)クラミジアの症状について【男性の場合】

-体験談・コラム

Copyright© 性病検査NAVI , 2017 AllRights Reserved.