性病予防の為の正しいコンドームの使い方8カ条

更新日:

正しくコンドームを使ってますか!?

性病を防ぐ為にはコンドームの使用が一番効果的な事はご存知かと思いますが、コンドームは正しく使わないと全く意味の無いものになってしまいます。

結局、【破れたり外れたらナマ】なんです。
今回は、性病を予防する為の正しいコンドームの使い方についてご紹介します。

 

1:そのまま袋を破かない!

セックスの最中で気持ちが昂ぶっているのはわかりますが、コンドームの袋をそのままビリリと開封するのは、中身を傷つける危険性があります。まずコンドームを袋の端側に寄せて、反対側に十分なスペースを作ってから開けるようしましょう。
歯でビリっと破くなんて言語道断!男らしくもなんともないからやめましょう。

 

2:先端の空気は抜いて、必ず根元までつける!

Aj_aLtOCAAAxPDoコンドームの先端の小袋を軽く捻って、空気を抜いてから、ペニスの先端にフィットさせて、根元まで下ろします。この空気を完全に抜かないと、破れたり、挿入後に外れてしまう恐れがあります。

 

3:性行為の最初から最後までつける!

ペニスが勃起し始めると、カウパー腺から少量の分泌液が出ますが、そのなかにも精子は含まれています。射精寸前にコンドームをつけたのでは遅いです。
最近は、オーラルセックスが原因で、喉に淋菌やクラミジアが感染する人が増えていますので、オーラルセックスをする場合は、最初から最後までコンドームを着用するようにしましょう。

 

4:オーラルセックスで使ったコンドームでそのまま挿入しない!

これ、守ってない人が非常に多いと思います。
オーラルセックスで使用したコンドームは、歯が当たったりして傷つく可能性が非常に高いです。そのままのコンドームで挿入すれば敗れる可能性がありますので、オーラルセックス終了後に一度新しいコンドームに変えましょう。

 

5:射精後はすぐに抜く!

射精が終わったら、ペニスがまだ勃起状態を保っているうちに、根元をおさえながら、ゆっくり、丁寧に抜きます。ペニスが萎えてしまうと、コンドームとの間に隙間が生じて、そこから精子が漏れてしまったり、コンドームが膣内に残ってしまいます。
婦人科に異常を訴えて来診される女性の中には、膣内にコンドームが置き忘れられていた!と言うケースも少なからずあります。ちゃんと抜いて確認しましょう。

 

6:再利用禁止!

一度でも使用したコンドームは破れてしまう危険性があるため、続けてセックスを行う場合は、必ず新しいものを使いましょう。また、コンドームの装着にもたついてうまく付けれなかった場合は、諦めて新しいのを使いましょう。力任せや、爪を立ててしまうとコンドームが傷つき、敗れる可能性がグンとアップします。

 

7:ちゃんとしたコンドームを使う!

日本のコンドームの品質水準、品質管理は世界トップレベルですので、国内の大手ブランド(オカモト、サガミオリジナルなど)の製品を使用すれば品質面の心配はありません。
海外のコンドーム、ラブホテルに備え付けのコンドームは信用しないほうがいいです。いたずらされてる可能性もあります。 海外で風俗に行く方は日本製のコンドームを持参しましょう。

 

8:保存場所に気をつけて!

直射日光と外部の刺激を避けて保管しましょう。男性は、よく財布にお守りのように1個コンドームを入れている人がいますが、財布は頻繁に開け閉めされるし、摩擦でゴムが弱くなる恐れがあります。持ち運ぶ場合も箱のままか、ハードケースに保管しましょう。

 

斉藤さんおすすめのコンドーム

【薄い は 正義!】日本が誇る「世界のOKAMOTO」コンドームがイチオシです。

オカモトゼロワン0.01ミリ3個入り

-性病の予防
-

Copyright© 性病検査NAVI , 2017 All Rights Reserved.