カンジダ膣炎の症状や原因、治療方法のまとめ【女性必見!】

更新日:

カンジダ膣炎は女性であれば誰にでも起こる可能性があり、疲れやストレスがたまっていて免疫力が低下すると何度も再発してしまいがちな厄介な病気です。

今回は、カンジダの症状や治療方法について詳しくご紹介します。

 

カンジダ膣炎とは

カンジダ膣炎は真菌によっておこる病気で、この真菌はもとから人の体内に存在しています。(常在菌)

健康な女性でも、口の中や消化器官、膣にカンジダ菌は存在しています。

大正製薬のアンケート調査によると、5人に1人、約20%の女性がカンジダ膣炎を経験してるそうです。


画像出典:http://www.taisho.co.jp/

 

カンジダは性感染症では無い

勘違いされやすいのですが、カンジダは先ほどご説明した通り、常在菌であるカンジダ菌が炎症を起こす病気です。

つまり、主に性器まわりで発生しますが性病ではありません。そして、感染する病気ではありません。

 

 

カンジダ膣炎の症状

  • 腟およびその周辺のかゆみ
  • 粘度の高い、白い、酒粕(カッテージチーズ)状のおりもの
  • 腟のヒリヒリ、刺激、熱感
  • 腟の外部の発疹
  • 排尿時の痛み
  • 性交渉時の痛み

とくに、外陰部の我慢できないかゆみと、おりものの悩みが多いです。

 

外陰部の強いかゆみ

女性のカンジダ膣炎で一番つらいのが、この猛烈な痒みです。

症状が悪化するとどんどん皮膚が赤くなっていき、耐えがたい痒みに襲われます。あまりにかゆくて眠れなかったり、寝ている間に無意識でかいてしまって皮膚が荒れて病院を訪れる人も多いそうです。

最近はカンジダ膣炎用の市販の薬などもCMで盛んに宣伝していると思いますが、それだけ女性の皆さんが痒みで悩んでいるということが分かります。

 

おりものの変化

カンジダ膣炎を発症すると、平常時よりおりものの量が増加します。

また、白や黄色、緑色がかった色の濃いおりものが増える事がおおいです。

テクスチャも通常時と比較してヨーグルトやチーズのようなドロドロした状態である事が多く、生臭い刺激臭に悩まされることも。

上記の2つ以外にも、排尿時や性交時に痛みを感じることもあります。

いずれにせよ、自覚症状が出て「カンジダかな?」と思ったらすぐにでも治療を進めた方がよいです。

 

 

カンジダ膣炎の原因

腟内は、乳酸菌によって酸性に保たれているため、他の菌が繁殖しにくい環境になっています。

しかしストレスや疲労による免疫力の低下や、妊娠や抗生物質の使用などにより常在菌のバランスが崩れると、カンジダ菌が増殖して炎症を起こしてしまいます。

また、軽度のカンジダであれば自然治癒しますが、少し体調を崩すとまた再発してしまうこともあります。

  • 風邪、疲労による免疫力の低下
  • ストレスなどによる免疫力の低下
  • ホルモンバランスの変化(生理前)
  • 陰部を石鹸で洗いすぎ
  • 抗生物質の服用
  • 妊娠
  • 湿ったり、きつい下着の着用
  • HIVウイルスの感染
  • 糖尿病 など

多くの女性が、風邪やストレス、月経前後のホルモンバランスの乱れをきっかけに、カンジダを発症しています。

また、陰部の内部までせっけんをつかって洗いすぎたりすると、膣内部のPhバランスが崩れ、カンジダ菌が増殖する原因になります。

出来るだけ清潔に保ちたいと思う気持ちは分かりますが、膣内部は洗剤などで洗わないように気をつけてください。また、過度なビデの利用にも注意しましょう。

 

 

カンジダの治療方法

カンジダはもとから人間の体内に存在する菌ですので、完全に取り除くような治療は行いません。 炎症を起こしている部位には抗真菌薬を使用して治療します。

カンジダに効く抗真菌薬は、飲み薬・塗り薬・膣内にいれる錠剤タイプなど種類はさまざま。

基本的には、まずはお医者様の診断を受けて、処方箋をだしてもらって治療薬をもらいます。

 

再発したカンジダは市販薬でも治療できる

最近よくCMをやっているのでご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、カンジダ菌に優れた抗真菌作用を有する「クロトリマゾール」を配合した【カンジダ再発治療薬】が、薬剤師のいる薬局やWEB上で購入できるようになりました。

各社が販売していて、コンテンツも非常に見やすくて参考になるので、気になる方は是非チェックしてみてください。

>>エンペシドL(佐藤製薬)

>>メディトリート(大正製薬)

>>フェミニーナ(小林製薬)

※市販のカンジダ治療薬は【再発治療薬】です。
初めてカンジダにかかったかも?という人は、必ず病院に行って診断を受けてください。

カンジダかと思ったら実は違う病気だった..というケースもある為、注意が必要です。

 

治療薬の個人輸入、自己治療は絶対ダメ!

インターネット上では、処方箋が必要な抗生物質や抗真菌薬を海外から輸入する事で購入できる「薬の個人輸入」サイトがたくさんあると思いますが、決して利用しないでください。

個人輸入の薬の大半は中国で製造され、香港やシンガポールを経由して日本へ届きます。法律的にはグレーゾーンです。決して合法ではありません。【取り締まる法整備ができていないだけ】です。

これらの中国発の薬の約8割がニセモノという衝撃の調査レポートも出ており、注意が必要です。

もちろん、もし万が一副作用が出たとしても誰も責任を取ってくれません。また、抗生物質や抗真菌薬を自己判断で服用した場合、耐性菌が発生して治療が長期化してしまうリスクも十分あります。

お医者さんに診てもらうの面倒、恥ずかしいと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、大切な自分の体の問題ですので、キチンと病院へ行ってみてもらうようにしましょう!

 

 

まとめ

カンジダ自体は性感染症ではありませんが、膣内に炎症を起こしていると他の性病・性行為感染症のウイルスや細菌を貰いやすくなる為、注意が必要です。

カンジダ膣炎が治っていないうちに不特定多数の人と性行為をするような事は控えましょう。

特に、感染者の多いクラミジア・淋病などに感染しないように十分に注意が必要です。女性のクラミジア感染は症状が出にくく、気付いたら感染していた・・・というパターンも非常に多いです。

気になる方は一度症状や感染経路をチェックしてみてください。

>>女性のクラミジア感染の症状や検査方法の総まとめ

また、その他の主要な性病の症状は下記の記事で見ることができます。

いつもと違う人とセックスをした人、新しい彼氏ができたばかりの人は、一度チェックしてみる事をおすすめします。

>>【性病の症状チェック!】その症状、もしかしたら性病かも?(男女別)

-性病の症状
-

Copyright© 性病検査NAVI , 2017 All Rights Reserved.